2010年12月29日

象楽(幼少期)

こんばんわ。 象HEADの1人で何でもできるもん。のお時間がやってまいりました。  ではでは、1人で勝手にお話させて頂きます。

いきなりですが、皆様、初めてCDを購入した時の事を憶えていますでしょーか??  私は、小学2年生の時に、当時テレビでやっていたマンガの主題歌を、当時では大金だった千円札を片手に握りしめて、母親と近くのダイエーに買いに行ったのをよく今でも憶えています。


そして、それから徐々に音楽に興味を持ち始めて、はじめのうちは親の影響もあってか、チャゲ&アスカだったりTUBEだったり、はたまた当時流行っていた小田和正などを、かなり買いあさってました。  小学校を卒業する頃には、かなりの数のCDがあったとおもいます。

私は、集めだすと止まらない、そしてかなりの凝り性、とどめに1人っ子のB型なので、レンタルだったり人から借りるというのじゃ満足、納得出来ない、一番始末の悪い性格の持ち主なんです。  この性格が、私のその後の象楽(音楽)人生に大きく影響されてくるとは、知る由もなかった、幼少期でした。  

この先のお話は、象楽(青年期)に続きます。  本日は、この辺で。  今宵も良い夢を。  GOOD NIGHT.

 


「カンチ、SEXしよ。」、あのセリフには、当時シビレたな。  親、横にいたし。。。。
posted by 像ヘッド at 02:28| Comment(0) | 象ヘッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。